飛行機旅行2017 in 愛媛・松山 Part1♡~はじめてのサクララウンジ編~

飛行機女子のRuiです。
  
2017年10月14日(土)から15日(日)まで、一泊二日で愛媛・松山に行ってきました。15日の早朝便で羽田に戻ったため、結果的に弾丸旅行となりましたが、心から「行って良かった」と思える一日でした。

今回も長い旅行記録になりそうなので、数回にわけてアップしたいと思います。※Part1/Part2では、松山に着きません。笑

ラウンジ前の保安検査にて

早朝6時30分、羽田空港に到着。

いつも「良いな~」と思いながら通り過ぎていた羽田空港第1旅客ターミナル2階出発ロビーにあるこの入口、

JGCエントランス

まさか自分がここからゲートラウンジ(保安区域内)に入ることになるなんて…

というのも、今回一緒に旅行に行った私の飛行機撮影の師匠が、所定の条件を満たした方が入会できるJALの会員組織「JALグローバルクラブ」会員のため、同行者の私もここから入ることができました。(サクララウンジを利用できるのも師匠のおかげです)

自動扉が開くと、そこには専用の保安検査場がありました。なるほど、これでスムーズに保安検査を通過できるのか!「神様、仏様、〇〇様」と心の中で言いながら、VIP待遇されている気分を味わいました。

サクララウンジ初潜入!

そんなこんなであっという間に保安検査が終わり、JALが運営する特別待合室「サクララウンジ」へ…今回利用したラウンジは、第1ターミナル・南ウイング3階の南側ラウンジ。

サクララウンジ_1

自動扉が開くと、右手にラウンジがあるフロアへと続くエスカレーターが見えました。

サクララウンジ_2
(ここ本当に羽田空港???)

レセプションで手続き(2次元バーコードを読み取り機械にタッチ)を済ませ、ついにサクララウンジに到着。

目の間に飛行機が!

サクララウンジ_7

サクララウンジ_8
 
ちなみにですが、私はJAL便(国内線)を利用する際、タッチ&ゴーで搭乗できるフライトはiPhoneアプリ「Wallet(Passbook)」で事前に搭乗券を登録します。

2次元バーコード_20171014
 
詳細はこちら→JAL – iPhoneアプリ「Wallet(Passbook)」

窓側の席に座り、2代目フライトログブックとともに記念撮影。
 
サクララウンジ_3
(逆光…)

ドリンクバーでホットコーヒーを淹れようとしたところ、コーヒーカップと湯呑みの裏に日本航空のロゴを発見!欲しい!

サクララウンジ_4

サクララウンジ_5

飛行機を眺めながらコーヒーをいただく…なんて優雅な朝時間。

サクララウンジ_6

時間があったため、ラウンジ内を散策。

サクララウンジ_9

サクララウンジ_11

サクララウンジ_10
 
「平日はサラリーマンでいっぱいだよ」 (by 師匠)

たしかに平日や連休は混みそうですね。

充電器のコードがたくさん…!

サクララウンジ_12

女性専用の「Ladies Lounge(レディースラウンジ)」
 
サクララウンジ_13

サクララウンジ_15
 
個室もありました。

サクララウンジ_14

こちらの個室はカーテン付きなので、人目を気にせず着替えや化粧直しができそうです。
 
  「上級会員の人と結婚すれば、こんな素敵なラウンジを毎回利用できるのか…♡」

独身アラサー飛行機女子の脳内でそんな考えが頭をよぎりましたが、羽田空港国内線サクララウンジは事前申し込みをすれば一般の方も入れるみたいです(有料:3,000円/一人)。

詳細はこちら→国内線サクララウンジお申し込み(有料)

<飛行機旅行2017 in 愛媛・松山 Part2♡~はじめてのクラスJ編~>につづく…。

 

✈「飛行機女子の部屋」

ホームページ「飛行機女子の部屋」では、

  • 日々の気づき
  • 飛行機以外の活動レポート
  • 月曜の朝からご機嫌になる方法

などをお伝えしています♡

ホームページは下記画像をクリック

 

 

 

 

 

✈ポチッとしていただけたら幸いです♡

にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ
にほんブログ村

サクララウンジ_1

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこのブログを書いた人

Rui

1988年生まれ、神奈川在住。ブログ・SNS・女子会を通じて、女性向けに飛行機や空港の魅力を発信中。また2017年7月より飛行機女子会を主催(これまでの参加人数は20名以上)。月刊エアライン2017年6月号『ヒコーキ女子の生態学』掲載。またホームページ「飛行機女子の部屋」では、ライフデザイン講座認定講師として月曜の朝からご機嫌になる方法などを配信中。