女一人旅2017 in 高知 Part2〜一人旅でも私が窓側の席を予約する理由〜

飛行機女子のRuiです。

2017年12月、私は人生6回目の女一人旅で高知に行ってきました。Part2では私の機内の過ごし方についてご紹介したいと思います。最後にやっと目的地…の空港に着きます。笑

一人旅でも窓側の席を予約!その理由とは…?

前回の記事(Part1)はこちら♡

席が埋まっていない限り、私は一人旅でも窓側そして主翼の後ろの席を予約します。その理由は…

「機窓からの景色 with 主翼(←これ大事)を楽しみたいから」

今回のフライトは、往路は機体右の窓側(23F)、復路は機体左の窓側(20A)の席を予約しました。搭乗後、客室乗務員さんに2代目フライトログブックを渡し、席に着いてまず一枚。

女一人旅2017_12

往路の羽田/高知線はANA(NH)561便で、機材はAirbus320-200。コンテナが航空機に搭載されるところをひたすら眺めていました。笑

「ウフフ♡」

飛行機に乗るとワクワクが止まらず、マスクの中でいつもニヤニヤしています。←怪しい

離着陸時の私のルーティン!?

いよいよ離陸の時間になりました。私は離着陸時に必ず行うルーティンのようなものがあります。それは、

「離着陸する瞬間を動画で撮ること」

エンジン音が変わる瞬間
綺麗な朝日
キラキラ光る海
そして旋回する飛行機…

写真を見て旅の思い出を振り返るように、私は離着陸の動画を見て旅の思い出を振り返ります。笑

周りから「雨女」と言われることが多い私ですが、今回はとっても天気が良かったです!

海ほたる

女一人旅2017_14

横浜ベイブリッジ・鶴見つばさ橋・みなとみらい(小さいですが写真左側に見えます)

女一人旅2017_15

芦ノ湖

女一人旅2017_16

そして雪化粧をした富士山

女一人旅2017_17

このように私は往路の機内で動画や写真をたくさん撮るため、目的地の空港に着く頃にはバッテリーが50%近くまで減ります(笑)。そのためモバイルバッテリーは私の旅の必需品です。

羽田空港を離陸して約1時間半後、目的地の高知龍馬空港に到着しました。

変わりゆく景色を眺めて感じること

自分の知っている街並みの景色から、美しい山々や海などの自然の景色に変わり、知らない土地の景色が目の前に広がる…

機窓から変わりゆく景色を眺めていると、

「一歩外に出ればこんなにも世界は広い」
「私の知らない世界はまだまだたくさんある」

そんなことを再認識します。同時に、日常生活で狭く凝り固まった自分の思考を一気に広げてくれる…というよりも、一旦リセットされる気がします。

実際はものすごいスピートで飛行しているのに、中で景色を眺めている時間はとてもゆったりしたものに感じる…

私は機内で感じるこのギャップが好きです♡

このような理由から、私は一人旅でも窓側の席を予約しています。飛行機旅の参考になれば幸いです。

Part3へつづく…

 

 

✈「飛行機女子会オンラインサロン」

休日だけではなく、
月曜の朝からご機嫌に…♡

飛行機や空港の情報に加えて、
「飛行機女子×マインド」をテーマに
様々なコンテンツをお届けしています☆*

詳細・お申込みはこちら
(もしくは下記画像をクリック♡)

 

 

 

 

 

 

 

✈「飛行機女子の部屋」

ホームページ「飛行機女子の部屋」では、

  • 日々の気づき
  • 飛行機以外の活動レポート
  • 月曜の朝からご機嫌になる方法

などをお伝えしています♡

ホームページは下記画像をクリック

 

 

 

 

 

 

 

女一人旅2017_18

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこのブログを書いた人

1988年生まれ、神奈川在住。ブログ・SNS・女子会を通じて、女性向けに飛行機や空港の魅力を発信中。また2017年7月より飛行機女子会を主催(これまでの参加人数は20名以上)。月刊エアライン2017年6月号『ヒコーキ女子の生態学』掲載。またホームページ「飛行機女子の部屋」では、ライフデザイン講座認定講師として月曜の朝からご機嫌になる方法などを配信中。